M&A専門誌マール

2015年12月号 254号 : M&A戦略と法務

組織再編と取締役の責任 有料記事です

 戸澤 晃広(TMI総合法律事務所 弁護士)

1 はじめに

  本稿では、組織再編における取締役の経営判断について、近時の裁判例の分析から、取締役の善管注意義務違反を問われるリスク、及びそれを回避するために必要な要素について、以下の2つのケースを例にとって検討する。

CASE1
  A社は、不動産賃貸業のフランチャイズ事業を展開し、マンスリーマンション事業等を行うB社の発行済み株式総数の約3分の2を保有していた。A社は、グループの競争力強化のため、B社を、A社の完全子会社であるC社に合併させることとし、存続会社を引き続き完全子会社とするため、B社の株式の任意買取りを行うこととした。A社は、スムーズな買取りのため価格を払込金額と同額の一株5万円として買取りを行った。なお、その後監査法人にB社の株式価値算定を依頼したところ、一株当たり1万円との結果であった。

CASE2
  時計の製造販売事業を営むX社は、時計等の小売を行うY社を買収することを検討した。Y社は債務超過の状態にあり、監査役会は買収に対し反対する旨の意見書を提出したが、X社の取締役会は、Y社買収により製品の販路が確保できること、Y社はZ社から支援を受けており再生可能であること等を理由として、買収を決議し、Y社の株主から株式の無償譲渡を受けた。X社はY社による1億円の増資を引き受けたが、この出資金はZ社に対する債務の弁済に使われ、ほどなくY社及びZ社は倒産した。なお、X社の筆頭株主は、Z社の代表取締役であった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
法制度 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop