• ホーム
  • マールレポート ~企業ケーススタディ~

M&A専門誌マール

2016年5月号 259号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

辺見会長、前田社長が語る「イトキンの再生・成長戦略」 有料記事です

アパレル業界の名門企業

左から辺見 芳弘氏、前田 和久氏  アパレル業界大手のイトキンは、インテグラルが運営する「インテグラル2号投資事業有限責任組合」の出資によって、経営再建を進めることになった。2016年2月、ファンドが約45億円でイトキンによる第三者割当増資を引き受けたほか、創業家からの株式買い取りが行われ、約98%の議決権を取得。買収総額は負債も含めて約165億円になる。

  イトキンは、1950年に故・辻村金五氏が大阪・船場に「糸金商店」を立ち上げたのが始まり。非上場のオーナー企業で、これまで辻村一族が経営に当たってきた。今回社長を退任した辻村章夫氏は、イトキン創業者である金五氏の次男。章夫氏の前の社長を務めた浩一氏は章夫氏の兄であり、辻村金五氏の長男である。

  「クリスチャン オジャール」、「ヒロコ コシノ」など数多くの海外ライセンスブランドや国内有望ブランドを日本市場で育成してきた名門企業と言ってもいい同社だが、1997年1月期に1582億4100万円を売り上げたのがピークだった。直近の15年1月期の売上高は952億5900万円にまで減少し、最終損益も56億円の赤字で、4期連続の赤字決算という状態に陥っていた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
企業研究 , 投資ファンド , 事業再生 , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop