• ホーム
  • マールレポート ~企業ケーススタディ~

M&A専門誌マール

2015年6月号 248号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

大江戸温泉ホールディングス――ベインキャピタルが描く成長戦略 有料記事です

国内最大手の温泉旅館チェーン

杉本 勇次(ベインキャピタル 日本代表マネージングディレクター)  国際的プライベート・エクイティ(PE)投資会社であるBain Capital Partners, LLC (以下「ベインキャピタル」)が助言するファンドが、2015年3月、温泉旅館チェーン「大江戸温泉物語」を運営する大江戸温泉ホールディングスの全株式を取得した。買収額は公表されていないが約500億円と見られている。

  大江戸温泉物語は、東京都お台場の大規模日帰り温泉「お台場大江戸温泉物語」をはじめ、全国に23の温泉旅館と6カ所の温浴施設/テーマパークを展開し、年間約500万人が利用している。売上高は2007 年以降毎年30%成長を達成しており、15年2月期の売上高は350億円という国内最大手の温泉旅館チェーンである。

  ベインキャピタルは全世界で総額750億ドルを越える運用資産を持っており、06年に東京拠点を開設した。東京オフィスには事業会社・コンサルティング会社での経験を持つ約30人のスタッフがおり、ジュピターショップチャンネル、ドミノピザ・ジャパン、ベルシステム24など8社に対して投資を行ってきた。最近では、14年10月9日に投資先のすかいらーくが、06年9月の上場廃止から8年1カ月ぶりに東京証券取引所第一部に再上場を果たし、時価総額は2219億円となって、外食企業としては日本マクドナルドホールディングスに次ぐポジションにつけて話題となった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
企業研究 , 投資ファンド , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第19回マールM&Aセミナー|海外M&Aに伴う非財務リスクを見極める ~不正防止のための留意点~|クロール 村崎直子 氏|11月14日(火)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!
■レコフ 事業承継セミナー|相続と事業承継M&A ~成功と失敗の分水嶺はどこに?|2017年11月9日
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop