M&A専門誌マール

2010年3月号 185号 : M&Aの現場から

プロフェッショナルによる業界・業種特化型の投資会社

ACA 社長 東 明浩
ACAは、2005年4月アント・キャピタル・パートナーズ(旧日興アントファクトリー株式会社)の100%子会社として設立された。その後、06年9月メディア・キャピタル・パートナーズが設立され、08年6月第三者割当増資を実施し、住友商事株式会社が資本参加。08年12月メディア・キャピタル・パートナーズを吸収合併。09年8月商号をアント・コーポレートアドバイザリーからACAに変更した。株主構成は、住友商事39%、アント・キャピタル・パートナーズ16%、役職員45%となっている。
「当社は、ケアビジネスやメディア・コンテンツといった特定業種や特定ニーズに特化した投資事業組合の運営、M&Aアドバイザリー、有価証券の流動化支援や経営支援に関するコンサルティング等の事業を展開しています」と語るのは、東(あずま)明浩社長。
東氏は、1961年9月生まれ。東京大学医学部を卒業して86年リクルートに入社。本社及び子会社ファーストファイナンスの財務部、経理部、経営企画部、新事業準備室で、グループの経営戦略及び財務戦略に従事。経営管理部門企画グループマネージャーとして、雑誌媒体やポータルサイトの金融チャネルなどのマルチメディアによる金融機関の営業支援サービスの企画に携わる。2000年1月ウイット・キャピタル証券に入社。マーケティング担当ディレクターを経て、インベストメントバンキング部門にて株式公開支援、M&Aアドバイザリー業務に従事。02年日興アントファクトリーに転じ、主にM&A、プライベート・エクイティ投資に携わり、05年4月より現職。09年10月よりCSKホールディングスの代表取締役会長を兼任している。
同社のスタッフは20人。ヘルスケア・チーム、メディア・チーム、戦略投資チームの3つのチームを組んでおり、投資事業としては上場株式ファンド(ANT Globa lPartners Japan Strategic Fund Ⅰ<アドバイザー>、ACAグロース1号投資事業有限責任組合)、業界特化型ファンド(アント・ケアビジネス1号、2号投資事業有限責任組合、MCP・シナジー1号投資事業有限責任組合)、OEMファンド(アント・DBJ投資事業有限責任組合)の運用等を行っている。
続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
投資ファンド , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop