M&A専門誌マール

2016年11月号 265号 : 対談・座談会

[対談]コニカミノルタの持続的成長戦略とM&A ~攻めのガバナンスで真のグローバル企業へ 有料記事です

 松﨑 正年(コニカミノルタ 取締役会議長)
 松江 英夫(デロイト トーマツ コンサルティング パートナー)

右から松﨑 正年氏、松江 英夫氏

目次

-- コーポレートガバナンス改革の流れの中で、「攻めのガバナンス」ということが言われますが、M&Aは、企業の成長戦略の実現に向けた重要な意思決定となる場合が多く、また、その成功・失敗が企業の命運を左右するようなこともあり得るという意味で、攻めのガバナンスが実現できているかどうかの試金石とも言えます。本日は、コニカミノルタ株式会社取締役会議長の松﨑正年様とデロイト トーマツ コンサルティング合同会社パートナーの松江英夫様に、コニカミノルタのM&Aによる成長戦略を支える独自のガバナンス体制とその実際についてご紹介いただきながら、M&Aにおけるガバナンスの在り方などについて議論いただきます。なお、松江さんには、進行役も含めてお願いしております。よろしくお願いします。

はじめに ~コニカミノルタのM&A戦略

松江 「本日は、松﨑さんと『攻めのガバナンスとM&A』というテーマで、お話をお伺いできるということで、大変楽しみにしております。と言いますのも、コニカミノルタは、2003年のコニカとミノルタの経営統合に始まり、創業事業である写真フィルム・カメラ事業やHDD用ガラス基板事業から撤退する一方で、新しいビジネスモデルを目指す事業転換のための国内外のM&Aを数多く実践するなど、戦略的にM&Aを活用されてきました。主なM&A案件は別表の通りですが、2008年以降、『カラー複合機でジャンルトップ』という戦略のもと海外の事務機販売会社を次々と買収することで世界1~2位の地位を確立。2012年以降は、米国のITサービス企業オールカバードを買収するなど、カラー複合機とITサービスを組み合わせた新しいハイブリッド型のビジネスモデルを開拓するためのM&Aにより成長を遂げました。さらに、オフィスコンビニ事業国内最大手のフェデックスキンコーズ・ジャパンの買収、独のLED光源測定等のインスツルメントシステムズの買収や、プリントマネジメントサービス大手の英チャーターハウスの買収、パナソニックヘルスケアの超音波診断機器関連事業の譲り受け、2015年の米大手ディスプレイ検査システムメーカーのラディアント・ヴィジョン・システムズの買収など、『事業転換』による新たな成長エンジンの開拓に注力されています。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
業界動向 , 政策 , 企業研究 , M&Aプレイヤー , 丹羽昇一

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop