• ホーム
  • M&A戦略と会計・税務・財務

M&A専門誌マール

2017年4月号 270号 : M&A戦略と会計・税務・財務

第118回 「事業売却」と「売却案件のソーシング」 有料記事です

 豊川 隆司(PwCアドバイザリー合同会社 シニアアソシエイト)
 山内 利夫(PwCアドバイザリー合同会社 ストラテジスト)

  近時、世界の経営者はより積極的かつ頻繁に自社ポートフォリオの見直しを行っている。それに伴い、事業売却を行う企業の数も徐々に増加している。

   この背景には、地域にもよるが、種々の要因がある。例えば、米国では株主によるアクティビスト的行為が増加している。この動きはEUおよびアジアでも徐々に広がっている。日本では、外国人投資家にとって日本企業を「より魅力的に」見せるべく、日本版スチュワードシップ・コードが導入されたが、魅力的に見せようとすることで非中核事業の売却に至ることもある。

1.前向きな売却

  かつては物言わぬ機関投資家も取締役の意思決定を批判的に見るようになっている。リーマンショック以降は投資家が投資対象企業に対して説明責任を強く求めるようになっていることもあるが、ともかくも企業戦略に関するコミュニケーションをより多くし、あるいは中核事業への回帰を求めるようになっている。背景の一つには、株式相場の活況に伴う日本市場における海外投資家比率の高まりもあろう。日本証券取引所によれば、外国人投資家比率は年々増加しており、30%を超える水準に達している。

外国法人等株式保有比率の推移

  外国人投資家の中には、「経営者は不採算資産の処理に対して煮え切らない態度をとっている」とみているものもあるが、変化の兆しもみられる。かつて日本企業は、市場シェアや売上高を経営の成功指標とする傾向にあったが、近年はROE(株主資本利益率)とROIC(投下資本収益率)など、機関投資家の目線をより意識した目標も設定する傾向がみられる。

  これを受けて、経営者の間では事業ポートフォリオの再構成に対する意識が高まっている。株主からの圧力を受けて・・・

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
会計税務 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第19回マールM&Aセミナー|海外M&Aに伴う非財務リスクを見極める ~不正防止のための留意点~|クロール 村崎直子 氏|11月14日(火)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!
■レコフ 事業承継セミナー|相続と事業承継M&A ~成功と失敗の分水嶺はどこに?|2017年11月9日
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop