M&A専門誌マール

2017年10月号 276号 : 視点

情報技術とファイナンス:企業組織・経営者・資産価格 有料記事です

 高橋 大志(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 教授)

  近年、情報技術への関心が高まっている。とりわけ、機械学習の一つである深層学習(ディープラーニング)を用いた研究は、画像認識、自然言語処理などの分野をはじめ、これまで数多くの目覚ましい成果をあげており、学術および実務の分野においても盛んに研究が行われている。このような流れを背景とし、各企業および学術的な分析においても、情報技術を積極的に活用しようとの動きがみられる。例えば一昔前、車の自動運転は、はるか遠い未来の話にも感じられたが、現在は、実用化を視野に入れた研究開発が進められている。金融分野においても、情報技術を活用したビジネス・研究に注目が集まっている。
  情報技術の向上と関連して、将来、コンピュータに置き換わる可能性のある職業は?などといった議論も関心を集めている。例えば、Frey, Osborne(2017)は、数多くの職業を対象として、将来、コンピュータに置き換わる可能性について議論を行っている[1]。図1は、各職業がコンピュータに置き換わる確率を職業のタイプごとにまとめた結果を示したものである。当分析では、702個の職業を対象として分析を行っている。コンピュータに置き換わる可能性の高い職業として金融関連の職業なども含まれており、例えば、ランキング677位はクレジットアナリストで、置き換わる確率は98%、ランキング686位はローンオフィサーで、確率はこちらもほぼ同じ98%などと見積もりを行っている[1]。情報技術がもたらす影響についての社会的関心は高く、今後もさまざまな議論が続くであろう。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第19回マールM&Aセミナー|海外M&Aに伴う非財務リスクを見極める ~不正防止のための留意点~|クロール 村崎直子 氏|11月14日(火)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!
■レコフ 事業承継セミナー|相続と事業承継M&A ~成功と失敗の分水嶺はどこに?|2017年11月9日
キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop