M&A専門誌マール 2016年5月号 259号
発売日:2016/04/15

今月の特集

特集:ガバナンス改革の進展と企業買収の行方

コーポレートガバナンス改革の進展により日本の企業買収を巡る環境が大きく変化してきています。折しも2016年は王子製紙(当時)が北越製紙(当時)に対し、本格的な敵対的TOBを仕掛けてからちょうど10年目になります。今、このようなTOBが起きたらどうなるのか。日本の企業社会に定着している敵対的TOBの負のイメージを払拭するためにはどうすればいいのか。大型再編を進めている海外の事例などとも比較しながら座談会で議論をしていただきました。出席者は日本の企業買収法制の第1人者である田中亘東京大学教授らです。また王子との攻防戦で、北越側の代理人として防衛を成功に導いた牛島信弁護士にガバナンス改革後の敵対的買収の行方をテーマにご寄稿をいただいています。

ガバナンス改革の進展と企業買収の行方

今月のコンテンツ

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop