M&A専門誌マール 2016年1月号 255号
発売日:2015/12/15

今月の特集

特集:M&Aにおける不正リスクへの対応

第一三共やLIXILなど、買収先企業の不正・不祥事発覚で買収側が大きな損害を被るような事例が出てきている。粉飾決算や簿外債務、贈収賄など、その内容は様々だが、M&Aにおける大きなリスク要因としてあらためて認識されるようになってきた。こうした不正・不祥事リスクをM&Aプロセスを通じていかにミニマイズし、また、買収後発覚する可能性がある不正・不祥事リスクにいかに対応するか。さらに、グローバルなグループ経営におけるコンプライアンス体制はいかに在るべきか。座談会で実務家の皆様に議論頂くとともに、別稿では、M&Aにおける不正発覚事例とDDや不正調査の考え方、特に注意を要するアジアにおける不正リスク対応の実際について論じて頂いた。

M&Aにおける不正リスクへの対応

今月のコンテンツ

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop