M&A専門誌マール 2015年3月号 245号
発売日:2015/02/15

今月の特集

特集:アクティビズムとショートターミズム

2015年は、日本企業にとって、投資家との対話・エンゲージメントが本格化する年となる。昨年2月に日本版スチュワードシップ・コードが公表され175の機関投資家がこれを受け入れているほか、12月にはコーポレートガバナンス・コードの原案が公表されるなど、上場会社と機関投資家の対話・エンゲージメントを促す仕組みが整ったからだ。今後は、対話が進んでいく中で、投資家のアクティビズムはより活発化すると考えられ、これに企業はどう対応するか、それに伴うショートターミズムの弊害をどう防ぐかが、課題となる。一方、欧米のアクティビストの動きも大きく変化し、アクティビスト・ファンドと機関投資家とが共同して企業に株主提案する事例も出ている。欧米におけるアクティビスト・ファンドの最近の動向の変化を紹介しながら、今後課題となる日本企業の対応の在り方を、実務専門家の皆様とともに考えたい。

アクティビズムとショートターミズム

今月のコンテンツ

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop