M&A専門誌マール 2014年12月号 242号
発売日:2014/11/15

今月の特集

特集:「伊藤レポート」の本質に迫る

本年(2014年)8月に経済産業省が取り組む「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクトの最終報告書、いわゆる「伊藤レポート」が、約1年半にわたる議論を経て公表された。そのメッセージのポイントは、「資本効率を意識した経営改革によりROE8%以上を目指すべきこと」「投資家と企業を繋ぐインベストメント・チェーンの弱さや短期化等を克服し、全体最適に向けた変革をすること」「企業と投資家による企業価値『協創』に向けた双方向の対話・エンゲージメントの促進」などだが、その背景には、企業価値創造に向けた経営改革が課題と言われて久しい中、日本企業のROEが依然として低水準で推移するなど、日本企業のダブルスタンダード経営に対する強い危機感がある。本特集インタビューでは、長年にわたって日本企業の企業価値経営促進を提唱され、このプロジェクトの座長をされた一橋大学の伊藤邦雄教授に、伊藤レポートの本質と日本企業の企業価値経営の現状の到達点、日本企業のM&Aの課題などについて語っていただいた。

「伊藤レポート」の本質に迫る

今月のコンテンツ

刊行一覧(2014年)

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop