M&A専門誌マール 2014年9月号 239号
発売日:2014/08/15

今月の特集

特集:アライアンスとM&A~多様な提携戦略をどう使いこなすか~

マールでは、狭義のM&A(合併・買収)に加えて、マイノリティ出資による資本業務提携や事業統合による合弁化等も含めて、M&Aデータとして収録している。実際、企業は、他社の経営資源を取り込み活用するために、狭義のM&Aはもとより、様々な手法を駆使して経営戦略の実現を図っている。グローバル化の要請の中、競争・リスクは高まっており、狭義のM&Aとの対比において、柔軟性という特徴を有するアライアンス戦略の重要性が改めて見直されている。ただ、一方で、アライアンス特有の難しさも指摘される。アライアンス、JV、M&Aといった多様な提携手法をどう使い分けるか、成功のポイントは何か。「特集対談」では実務経験豊富な専門家に、アライアンス戦略のポイントを語っていただく。また、「データで見る」では、日本企業のグローバル展開の手法として、現地企業との合弁化によるアライアンスが目立つ中、その実態をデータに基づいて紹介する。「M&A戦略と法務」では、アライアンスにおける重要な契約実務の1つである、合弁会社等における株主間契約について、特にその相手先がオーナー個人である場合の留意点を検討する。事業承継やアジア企業とのアライアンスにおいては、少数株主がオーナー個人ということも少なくないからだ。

アライアンスとM&A~多様な提携戦略をどう使いこなすか~

今月のコンテンツ

刊行一覧(2014年)

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop