M&A専門誌マール 2014年7月号 237号
発売日:2014/06/15

今月の特集

特集:変化を迫られる対中直接投資 ~中国市場とどう向き合うか~

2013年の日本の対中直接投資は、中国の経済成長の鈍化に日中関係の緊張が加わり停滞したが、日本にとって中国は最大の貿易相手国であり、経済的に最も重要な国の1つであることに変わりはない。「世界の工場」から一大消費地に変身しながら7%台の成長を維持する中国市場への投資意欲は依然として高いと考えられ、対中M&Aにも回復の兆しが見えるが、現状は大きな転換期にある中国の今後を見極める様子見の時期と捉えることができる。日本企業は中国市場とどう向き合って行けばよいのか。富士通総研経済研究所の金賢敏主任研究員へのインタビュー、JETRO(日本貿易振興機構)や実務専門家の寄稿、M&Aデータ分析により、対中投資戦略の今後の在り方を考える。

変化を迫られる対中直接投資 ~中国市場とどう向き合うか~

今月のコンテンツ

刊行一覧(2014年)

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop