M&A専門誌マール 2012年12月号 218号
発売日:2012/11/15

今月の特集

特集:利益相反構造となるM&Aと第三者委員会

M&A取引に関連して、対象会社の取締役が株主から訴えられることがある。そして、それらの多くは、取締役が構造的な利益相反の状況に陥ってしまうことに起因している。マネジメント・バイアウト(MBO)による非上場化などのケースである。M&A実務では、こうした公正性・透明性が疑われやすい取引類型の場合には、説明責任を果たし、利益相反構造による弊害を回避するための様々な工夫を行っている。その1つが第三者委員会の設置であるが、その実務が定着し始めたのはここ数年のことであり、現状にはいくつかの課題も残されているようだ。実態分析を踏まえ、第一線の学者、実務者にその実務の実態と課題について語っていただく。また、M&A取引における利益相反に関する基礎知識や第三者委員会の利用実態分析についてもご寄稿いただいた。

利益相反構造となるM&Aと第三者委員会

今月のコンテンツ

■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop