M&A専門誌マール

2016年9月号 263号 : 寄稿・寄稿フォーラム

コーポレートガバナンス改革がM&A取引実務に与える影響 有料記事です

 鈴木 明美(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

I.はじめに

  近年の一連のコーポレートガバナンス改革の動きは、目を見張るものがある。

  主要なものだけでも、2014年2月のスチュワードシップ・コードの策定、2015年6月のコーポレートガバナンス・コード(以下「CGコード」という。)の適用開始に続き、2015年7月には経済産業省から、コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会の報告書(以下「在り方研究会報告書」という。)(注1)が発表されている。また、2015年9月からは金融庁及び東京証券取引所が設置したスチュワードシップ・コード及びCGコードのフォローアップ会議(以下「フォローアップ会議」という。)において、コーポレートガバナンスの更なる充実に向けた議論・提言がなされている。

  これらのうち、特にCGコードが定めている原則及び考え方は、M&A取引にも直接・間接に様々なインパクトをもたらすものである。通常、M&A取引は、CGコードで謳われている会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上や、収益力・資本効率等の改善を目的として行われるものである。その意味で、CGコードが目指しているといわれる「攻めのガバナンス」は、本質的には日本企業によるM&A取引を後押しすることにつながるものと思われる。

  本稿においては、日本の上場会社の未だ多数を占める監査役会設置会社を念頭におき、CGコードを中心とするコーポレートガバナンス改革がM&A取引実務に与える影響について、概観することとする。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
買収防衛策 , 政策 , 法制度 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop