M&A専門誌マール

2014年06月18日(水)

M&Aスクランブル

カプコン、買収防衛策継続議案が否決 ~今後、ピークを迎える総会に影響も

 家庭用ゲームソフト開発大手のカプコンは、6月16日の定時株主総会で、買収防衛策(以下、防衛策)の継続議案が否決されたと発表した。同社は2008年6月に定時株主総会の承認を得て有効期間2年の事前警告型の防衛策を導入し、2010年、2012年の定時株主総会でそれぞれ63.24%、58.92%の賛成を得て防衛策を継続してきた。今回は3回目の継続の承認を得る予定だった。一部報道によると、議決権の45%を握る外国人株主らの多くが反対したもよう。同社は、防衛策は否決されたが、その趣旨を踏まえ今後法令の許容する範囲内で、大規模買付者に対して買付行為の是非を適切に判断するための必要かつ十分な情報を求めるとともに、取締役会の意見などを開示するほか、株主の検討のための時間の確保に努めるとしている。

 今年に入って6月16日までに定時株主総会が終了し、同総会で防衛策の継続・更新について議案として諮った企業の決議結果を見てみると、余剰金の処分や取締役選任などの議案が90%台の賛成を得ているのに対し、防衛策継続議案の賛成割合は60%台~80%台と全体的に低くなっている。たとえば賛成割合が60%台、70%台だったセゾン情報システムズやオンワードホールディングス、ユニーグループ・ホールディングスは、外国人株式保有比率が20%~30%であるのに対し、90%以上の賛成を得たリックコーポレーションやテイツーの外国人株式保有比率は10%未満となっている。防衛策への賛成割合の低さは、外国人株主の反対が影響していると思われる。



 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
買収防衛策 , 荏草礼依

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop