M&A専門誌マール

2013年09月25日(水)

M&Aスクランブル

国際会計基準(IFRS)とM&A

 国際会計基準(IFRS)については、2012年に米国が強制適用を見送る中、我が国の企業会計審議会も、その強制適用の是非さえ決めかねる状況で、13年6月に公表された「IFRSへの対応の在り方に関する当面の方針」では、任意適用の実績積上げのための施策として、「任意適用要件の緩和」、「IFRSの適用方法」及び「単体開示の簡素化」を示すにとどまった。中でも、「IFRSの適用方法」では、いわゆる、改変しないIFRS(ピュアなIFRS)に加えて、「我が国に適したIFRS(「日本版IFRS」)」の導入の方向性が示されている。日本企業に受け入れられやすい日本版IFRSの導入によって任意適用会社を増やし、IFRS策定における世界に対する日本の発言権を確保したいという事情があるようだが、日本基準、米国基準、ピュアIFRSに日本版IFRSが加わり、過渡期とは言え4つの会計基準が併存することになる。いろいろな意見があるようだが、企業側の導入インセンティブはどうなのだろうか。

 実際にIFRSを任意適用している会社を見てみよう。図表は、東京証券取引所が公表しているIFRSの任意適用会社15社と任意適用予定会社5社の一覧表だ。JT、武田薬品工業、ソフトバンク、総合商社など、海外M&Aを積極的に経営に活用している会社が多く、これらの会社にIFRS導入の動機が強いことが一目瞭然だ。海外M&AにおいてIFRSにはどのようなメリットがあるのだろうか。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
法制度 , 会計税務 , IFRS , 丹羽昇一

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop