M&A専門誌マール

2016年8月号 262号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

カーライルと組んで日立金属グループからMBOしたセンクシア 笠原伸泰社長の決断 有料記事です

社名変更に込めたもの

右から笠原 伸泰氏(センクシア 代表取締役CEO)、大塚 博行氏(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージングディレクター)  日立金属の上場子会社であった日立機材株式会社が、2016年1月1日「センクシア株式会社」へ社名を変更した。同社は、投資ファンドであるカーライル・グループと協働して15年2月に株式公開買付によってMBOを実施して日立グループを離脱、15年7月27日には東京証券取引所2部上場を廃止している。新社名(英文社名:SENQCIA CORPORATION)には、業界のパイオニア商品を生み出してきた同社が、今後も「先駆者」として、鋭いSense(感覚)と高いQuality(品質)へのこだわりを持ち、挑戦し続けるという意味が込められている。同社にとっては「第2の創業」への決意表明ともいえた。

  同社は、建設・産業用機械関連の材料・機器分野の部品・機器・工法の開発型企業で、1972年4月、日立金属の100%出資によって、日立金属が製造する各種チェンの販売子会社「日立チェン」として設立され、86年10月には海外連結子会社であるHitachi Maxco,Ltd.(以下「Maxco」)を設立している。その後、87年4月には日立金属機材に社名変更し、日立金属の各種建材機器の営業権を譲受け、さらに91年10月には社名を日立機材に変更するとともに、同年12月には東京証券取引所第2部に上場を果たした。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
企業研究 , MBO , 投資ファンド , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop