M&A専門誌マール

2014年10月号 240号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

サンテックパワージャパン ―― 中国・順風グループ傘下で太陽光発電の新たな事業戦略を展開 有料記事です

グループ中核企業が破綻

山本豊社長  サンテックパワージャパン(以下サンテックジャパン)は世界最大の太陽光パネルメーカーであった中国・サンテックパワーホールディングス(以下サンテックHD)のグループ企業として日本国内市場の5%のシェアを占め、海外勢としては最大手の地位を築いてきた。販売量も順調に拡大し順風満帆に見えたサンテックジャパンだったが、2013年同社を未曾有の危機が襲った。

  その危機について書く前に、もう少し詳しくサンテックジャパンの沿革について触れておこう。

  サンテックジャパンの前身は日本の太陽光発電専業メーカーであったMSKである。同社は1967年創業で、80年代初頭より太陽光発電モジュールの製造販売を開始し、90年代には住宅用屋根材型及びガラス建材一体型太陽光発電モジュールの開発によって日本だけでなく欧米でも高い評価を受けるまでになった。そのMSKがサンテックHDと資本提携を結んだのは06年のこと。 MSKの建材一体型モジュール設計・生産の高い技術に中国・サンテックHDが目をつけたのである。サンテックHDは06年8月、第三者割当と既存株主からの株式買い取りによってMSKの3分の2の株式を取得、その後08年6月にサンテックパワーHDの株式を対価に残りのMSK株式を取得し、完全子会社とし、09年6月には社名MSKを「サンテックパワージャパン」に変更、外資系企業としては初めて、日本での住宅向け太陽光発電システムの開発・販売を本格化させた。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
アジア , 業界動向 , グローバル化 , 企業研究 , 対日投資 , 資源・エネルギー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop