M&A専門誌マール

2016年10月号 264号 : 書評

今月の一冊 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来』 有料記事です

 岩村 充 著/新潮社/1400円(本体)
 [評者]岩田 一政(公益社団法人日本経済研究センター 代表理事・理事長)

今月の一冊 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来』岩村 充 著/新潮社/1400円(本体)   「中央銀行が終わる日」というタイトルは、刺激的だ。内容をよく読むと、中央銀行そのものではなく、中央銀行が責任を負っている「経済政策としての金融政策が終わる日」というのが著者の本来の意図であったことが分かる。しかし、ビットコインなど仮想通貨の台頭により中央銀行の貨幣発行独占が終焉する場合には、中央銀行制度とその役割は大きな変容を迫られることになろう。

  著者は、マクロ経済政策としての金融政策は、将来の緩和や引き締めを借りてくるだけで、「インフレ期待」を一挙に高める魔法の杖など存在しないと説く。また、現在の豊かさと将来の豊かさを交換する機能をもつに過ぎない金融政策は、将来の豊かさが消滅した場合(著者はこれを「流動性のワナ」と呼んでいる)には、何の効果も与えることが出来ない。日本経済が、成長経済から停滞経済に移行し、「長くしぶといデフレ」と「短い水準調整インフレ」が景気循環として現れる経済では、金融政策の果たすべき役割は消滅すると論ずる。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
書評

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop