書評

ピックアップ

2016年12月号 266号
今月の一冊 『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』 有料記事です

 ハワード・マークス 著/貫井 佳子 訳/日本経済新聞出版社/2000円(本体)
 [評者]伊藤 友則(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授)

「貯蓄から投資へ」と言われるようになってから随分経つが、日本の個人金融資産1700兆円の中で、現金・預金は依然53%という高い水準を維持している。これは、日本の個人が金融機関に長らく損をさせられてきた歴史の産物でもあるし、日本では投資教育が十分行われてこなかった帰結でもあると考えられるが、本書はそのような日本において、個人にとっても、投資のプロにとっても、極めて有益な投資の指南書である。   著者はオークツリーというオルターナティブ投資をしている米国の投資運用会社の創設者だが、あの「賢人」ウォーレン・バフェットもこの本を絶賛している。   基本的な投資哲学はバリュー投資である。「20の教え」の中で、いかにこのバリュー投資を行うのか、共通する間違いや気をつけるべき点などを、投資の素人でもわかりやすいように解説している。   投資リスクについての考え方は伝統的金融理論とは大きく違い、リスクはないという考え方が浸透することにより、むしろ投資リスクは高くなり、逆に、リスクが高いと一般的に認識されている時ほど、実はリスクは低いと断じている。つまり、リスクプレミアムは市場環境により変動すると結論付けている訳である。

コーナー一覧

[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop