M&A専門誌マール

2015年7月号 249号 : M&A戦略と法務

ベンチャー企業による資金調達 有料記事です

 保坂 雄(TMI総合法律事務所 弁護士)
 秋本 壮(TMI総合法律事務所 弁護士)

1. はじめに

  昨今の堅調な株価基調等に支えられ、事業会社によるM&Aや株式発行による資金調達活動が活発化している。このような状況は上場会社に限られた話ではなく、創業間もない会社やこれから株式上場(IPO)を目指す会社においても見受けられる。また、いわゆるリーマンショック以降しばらく低調であったIPO市場も近時は活況の様相を呈しており、昨年1年間では、78社(うち7社はテクニカル上場(注1))が東京証券取引所へのIPOを実現している。

  当職らは、これまで幸いにも、多くのいわゆる未上場のベンチャー企業による資金調達や(発行体側・主幹事証券側を問わず)IPO案件に携わる機会に恵まれてきた。これまでの経験上、投資を受ける側であるベンチャー企業において投資の受入れに慣れていないケースが多いように思われ、また、IPO審査の過程においても、ベンチャー企業やその大株主兼経営者が投資家との間で締結した投資契約や株主間契約の文言が問題となることがしばしば見受けられる。これらの要因については種々考えられるものの、投資を受ける際に締結される契約の内容自体が非常に難解であることにその一因があるように思われる。

  そこで、本稿では、議決権の3分の2超を保有するいわゆる大株主兼経営者(以下「オーナー経営者」という)が存在する未上場の株式会社(以下「発行体」という)が、新規に普通株式(注2)を発行することにより投資家から出資を受け、且つ、当該発行後においてもオーナー経営者の3分の2超の議決権が維持されるケース(以下「本件ケース」という)(注3)を念頭に、主として当該出資に関連して締結される契約のうち一見して理解が難しいと思われるものについて若干の考察を試みた上で、近時のベンチャー企業への投資案件におけるトレンドについても付言することとしたい。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
事業承継・地方 , 法制度 , 資金調達

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop