M&A専門誌マール

2014年9月号 239号 : 産業構造の変化に対応するM&Aの実務

第27回  M&Aの成長シナリオ(仮説と検証) 有料記事です

 島田 英海(EYトランザクション・アドバイザリー・サービス ディレクター)

  どのような産業においても、成長の道筋は一つではありません。自社のコア事業を伸ばしていくオーガニック・グロースか、M&Aをベースにしたノンオーガニック・グロースか、企業は自社の成長のシナリオは何かを常に問いかけています。産業構造の変化に対応した成長シナリオの仮説をもとに繰り返し検証していく6つのステップを推奨します。

はじめに

  企業は成長シナリオを描く過程において、M&Aの機会をどのようにとらえていくべきでしょうか。成長のシナリオの仮説に基づいて、繰り返し検証していく6つのステップを推奨します(図表1参照)。

<図表1:M&Aの成長シナリオ:仮説と検証の繰り返し>

<M&A成長シナリオ:6つのステップ>
① 経営戦略と投資方針
オーガニック・グロースか、ノンオーガニック・グロースか、自社グループの成長シナリオの仮説を構築
② 投資の対象地域と進出方法
新興国を目指すか、欧米諸国に投資をするか、拡大する市場を特定
③ 市場と成長性
トップラインを伸ばすにはどうするか、市場でのシェア獲得のためのシナリオを吟味
④ 収益性と会計・税務
収益性のモデルに基づいた見積もりと現地の会計・税務を反映
⑤ バリューチェーンとオペレーション
バリューチェーンを明確にし、オペレーションのフローに基づいたビジネスを把握
⑥ デューデリジェンスと価値算定
正常収益力と資産負債を精査し、事業計画をベースに事業価値を算定

  それぞれのステップにおいて、自社グループのM&Aの成長シナリオに基づいて、検討を進めて行くために必要なエッセンスについて、検討を進めていきます。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
グローバル化 , 会計税務 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop