M&A専門誌マール

2012年11月号 217号 : 特集・特別インタビュー

「金融円滑化法」延長終了後の出口戦略と再生ファンドの役割 有料記事です

 堤 智章(キーストーン・パートナース 代表取締役)
 小山 聡(キーストーン・パートナース 代表取締役)

被災企業への支援

-- キーストーン・パートナース(KSP)の皆さんは、東北大震災直後に被災地で炊き出しや要介護・寝たきりの方々へのマッサージなど様々なボランティアを行ってこられましたが、被災した中小企業の復興を支援するため、公的な復興融資制度が円滑に機能するまで、つなぎ資金として活用してもらうことを目的に融資を行う方針を明らかにしました。融資先は約800社の中から10~20社を選定する方針と報じられていましたが、進捗状況はいかがですか。
 「この融資は政府の支援策が決まっていなかった時点で、二重ローンの買い取りなどの支援の間口を広げていこうということで始めたのですが、その後、政府による無利息の支援も実行されるようになりました。例えば、漁船の組合に対してファイナンスして、もう一度船を買って漁に出られるようにしようという構想も、漁船の保障とかが実行されるなど、制度融資、制度支援が整ったのでわれわれ再生ファンドの役割はかなり減りました。ですから、実質的に実行したのは現状では2社です」

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
事業承継・地方 , M&Aマーケット動向 , 業界動向 , 人(インタビュー) , 投資ファンド , 資金調達 , 事業再生 , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop