M&A専門誌マール

2010年11月号 193号 : CLOSE-UPトップの決断

人と情報を結ぶ技術を次世代メディアのプラットフォームづくりに生かす 有料記事です

ヤッパ伊藤 正裕社長
3D事業を売却

--ヤッパは、2009年12月に加賀電子にWeb3D事業を譲渡しました。この技術はヤッパが02年に子会社化したイスラエルの3Di社が開発したものですが、今回この事業を譲渡されたのはどのような理由があったのですか。
「まず、当社のWeb3D技術は非常に将来性を秘めたものだったのですが、事業としての規模という点で限界があったのです。Web3Dのビジネスを展開するためには、生産力とともに仕事の量、つまり営業力が必要なのです。Web3Dという1つの商材をつくるために大量の人材を抱えてしまうと、仕事の量が少ない際の稼働率の問題もあって、コストパフォーマンスが下がってしまうのです。例えば、3Dを使ったCMの制作であるとかCADとかといった仕事があれば高い稼働率を維持できるのですが、ヤッパはWeb3Dしかやっていませんでしたし、しかも自動車業界の関連に限られていたということで、限界を感じはじめていたのです。その点、加賀電子はドイツの3D技術を導入し、グループの映像制作会社デジタル・メディア・ラボでCM制作なども手掛けるなど、大量に3Dの仕事を抱えておられます。ここなら、われわれの3D技術と人材を十分生かし、成長させていっていただけると考えて事業譲渡を決心したのです。それと、リーマンショック後の世界同時不況という経営環境の中で、当社も創業8年を機に事業の方向性についての見直しを強いられたということがこのタイミングでの事業譲渡の背景にはありました」
この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
業界動向

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop