インタビュー

ピックアップ

2017年7月号 273号
[PEファンドのトップに投資戦略を聞く④]世界最大規模のPEファンドが対日投資を倍増させる理由 有料記事です

 赤池 敦史(シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン 代表取締役社長 パートナー)
2兆円の7号ファンドがクローズ -- シーヴィーシー・アジア・パシフィックジャパン(CVCジャパン)は、世界最大規模のPEファンドである英国のCVC Capital Partners(CVC)の日本法人として2003年に設立されました。そのCVCが約2兆円の新たなファンドを最終クローズしましたね。 「CVCは、1981年にイギリスで創業され、93年にシティグループよりMBOで独立し、現在23カ国に25拠点を有する、世界最大規模の資金力とネットワークを有する投資会社です。日本オフィスではおっしゃるように03年に拠点開設されました。CVCが現在運営するファンドは2つありまして、1つが欧米企業を対象としたグローバルファンド、もう1つが約4000億円のアジアファンド(Asia Pacific IV Fund)です。グローバルファンドは7号ファンドを5月末に約2兆円規模で最終クローズしました。また、アジアファンドについては現在約40%が投資済みとなっていますので、近い将来5号ファンドを設立する可能性がございます」 -- ファンドを2つに分けているのはどのような狙いがあるのですか。 「グローバルファンドの場合は、1件当たり最低でもエクイティで300~500億円という投資規模で、ほとんどが企業価値1000億円を超える投資を対象としています。その点、アジアの場合は1件当たり投資金額がそれほど大きくありませんし、機動的な運用を行うということも考えて約4000億円という規模にしています」 -- 日本企業への投資は、このアジアファンドから行われているわけですね。 「基本的にはそういうことになります。ただ、グローバルファンドも約20%は欧米以外のどこの国の投資案件にも使えるという立てつけになっていますから、例えばグローバル7号ファンドの場合は、約2兆円のうちの20%、4000億円はアジアの案件でも使えます」 不可逆的な日本の構造変化を捉えて -- アジアファンドの主要な投資実績としてはどの国が多いですか。 「アジアファンドの投資の約半分が実は日本ではなく東南アジアです。東南アジアは客観的に申し上げて・・・

マールインタビュー

2010年9月号まで連載された「編集長の眼」から続く連載のインタビュー・コーナーです。M&A戦略を実践する経営トップ、各界の有識者や専門家に、経営戦略とM&A成功の秘訣、制度・政策の動向と在り方などをお聞きします。また、その人物像にも迫ります。

CLOSE-UPトップの決断

M&Aを決断した中堅・中小企業のトップへの直撃インタビュー。MBOによる事業承継やファンドの活用、外資との連携によるグローバル戦略、事業再生など、中堅・中小企業やベンチャービジネスにとっても不可欠のM&A手法をトップ自らに語っていただきます。

[PR]

■キャリアインキュベーション|20代・30代の戦略コンサルタントのキャリアを考えるセミナー|2017年7月7日(金)開催

■相続と事業承継M&A -成功と失敗の分水嶺はどこに?|株式会社レコフ|2017年7月20日(木)開催

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop