M&A専門誌マール

2017年08月02日(水)

ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要]

ベトナムのギャンブル業界

 谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

 2017年3月、ベトナム政府はベトナム国民のギャンブルを合法化した。自国民への国内カジノ(ベトナムでは「e-game施設」)の開放、及び満21歳以上のサッカーくじ、競馬、ドッグレースを認めるものである。昨今、カンボジアやマカオなどの海外でのギャンブルをおこなうベトナム人が増加しており、年間約8億USDの資金国外流出の食い止め、及び国内の非合法勢力の排除が目的と言われている。

 革命家ホー・チ・ミンは学校や病院の運営資金をくじの売上でまかなって以来、ベトナムでは公営の「国家建設くじ」といわれる宝くじが人気を誇ってきた。2011~2015年の5年間で、ベトナム国内ではくじの売上が約130億USD、売上成長率は年平均12%となっており、現在では年間で約30億USDの売上があるとみられている。

 最近は、財政省がベトナムコンピュータ宝くじ社Vietlottを立ち上げ、日本のロト6に近い「Mega 6/45(45個の数字から6個を選択。キャリーオーバーあり)」、「MAX 4D(0000~9999から1個を選択。キャリーオーバーなし」、更に本年8月からの「POWER 6/55(55個の数字から6個を選択。キャリーオーバーあり)」の3つの数字選択式くじを売り出し、将来的には全国に1万ヶ所の宝くじ売り場の設置を計画している。

 日系では・・・



株式会社ワールディング

株式会社ワールディング
TEL:03-5361-6455

■筆者プロフィール
谷口正俊(たにぐち まさとし)
1973年イタリア・ローマ生まれ。
早稲田大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーション入社。
同社退社後、2000年7月「教育を通じてより良い世の中へ」と、教育関連企業(株)ウィル・シードを共同創業、代表取締役副社長就任。大手企業400社の人財育成支援及び、全国の小中学校に新しいタイプの体感型教育プログラムを提供。
同社副社長を退任後、2006年6月、(株)アクティブリッジの設立に参加。
7年に亘るベトナム事業展開の後、2013年3月、(株)ワールディングを設立。
日系企業のベトナム進出支援、ベトナム人材採用・育成事業を展開中。
日本とベトナムを往復する日々を送っている。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
アジア , 業界動向 , 谷口正俊 , ベトナム

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop