M&A専門誌マール

2011年08月31日(水)

ベトナム投資の基礎知識 [マクロ経済動向]

【第12回】ベトナム金融セクターについて(下)

トラン・ホアイ・ヴー

【第11回】ベトナム金融セクターについて(上)


2. 上場銀行の動向


現在、上場銀行は8行あり、そのうち、上述の国有銀行2行を除き、民間銀行は6行である。この6行について具体的に紹介する。1行目は、サコムバンク(サイゴン信用商業銀行:STB)で、2006年初に最初に上場した銀行である。同行にはANZ銀行が戦略投資家として既に9.78%を出資している(2010年12月30日の時点)。2行目は、アジアコマーシャル銀行(亜州商業銀行:ACB)で、2006年後半に上場した銀行である。民間銀行としては、最大規模で、経営状況とパフォーマンスがよいと評価されている銀行である。同行にはスタンダードチャータードAPR Ltdが7.32%を、スタンダードチャータード銀行(香港法人)が5.21%を、それぞれ戦略パートナーとして出資している。3行目は、サイゴンハノイ商業銀行(SHB)で、ベトナム石炭・鉱産物工業グループとベトナムゴム工業グループがそれぞれ6.23%を出資している。4行目は、エクシムバンク(ベトナム輸出入銀行)で、三井住友銀行が15%を出資している。5行目は、ナムベト銀行(NVB)で、ベトナム繊維縫製グループが筆頭株主となっている。6行目は、ハノイ住宅銀行(HBB)で、ドイツ銀行が10%を出資している。
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
アジア , ベトナム

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop