M&A専門誌マール

2011年08月24日(水)

ベトナム投資の基礎知識 [マクロ経済動向]

【第11回】ベトナム金融セクターについて(上)

トラン・ホアイ・ヴー

ベトナムは経済開放政策を始めてから国内市場の規制を緩和してきた。特に2007年にWTOに加盟してから、外国に対して国内市場の一層の開放を進めている。ベトナム国内の力だけで産業を育成することには限界があり、外資の力によって国内産業を振興することも政策の重点とされている。そうしたなか、ベトナムは社会主義国において資本市場を導入し、国際経済に更にコミットしていくに当たって多くの課題に直面している。中でも重要な課題として挙げられるのが経済の高成長を維持するために、産業への資金供給がいかに安定的かつ十分に行われ得るのか、つまり、金融機関が経済の潤滑油としての機能・役割を十分に果たすことができるのかである。
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
アジア , ベトナム

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■新シリーズスタート! 事業承継M&Aの法務|高橋聖弁護士(ソシアス総合法律事務所)
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング
[ PR ]

■東京建物アメニティサポート|マンション管理事業の譲渡・承継情報募集中!

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop