M&A専門誌マール

2017年06月21日(水)

M&Aトピックス

KKRキャピタル・マーケッツの代表取締役社長に、山下剛氏を任命

 世界有数の資産運用会社であるKKRは、2017年6月21日KKRキャピタル・マーケッツ(以下KCM)の代表取締役社長に、山下剛氏を任命したことを発表した。

 KKRキャピタル・マーケッツ(KCM)は、KKR及びKKRの投資先企業、クライアントのサポート業務に従事しており、キャピタル・マーケッツ分野のテーラーメードのアドバイスの提供、資金調達を求める企業に対する革新的な資本ソリューションの開発と実行を行っている。

 山下氏は慶応大学にて学士号、ハーバードビジネススクールにて経営学修士を取得。05年から07年までゴールドマンサックス東京支店において投資銀行部門を経験。ブラックストーン・グループ・ジャパンにて9年間勤務、17年にKKRキャピタル・マーケッツ入社し、キャピタル・マーケッツ・グループに所属してきた。

 KKRは自社のアジア太平洋地域におけるプライベートエクイティファンドを通じて、10年より日本への投資を行ってきた。日本は引き続きアジア地域における重要市場となっており、KKRの日本市場への投資額は投資予定額も含め約20億米ドルにのぼっている。これまで、KKRはインテリジェンス、パナソニック ヘルスケア、パイオニアDJ、日立工機、カルソニックカンセイの5つの買収を完了しており、さらにパナソニック ヘルスケアによるバイエルの糖尿病事業部門の買収も完了しています。加えて、2017年4月には日立国際電気へのTOBを発表している。

 山下氏はKKRならびに同社の投資先企業およびその他の顧客に対し・・・


 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
投資ファンド , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
<速報>公表アドバイザー情報

■M&A用語集

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます

次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら

 

M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop