M&A専門誌マール

2014年1月号 231号 : データで見る

物流業界のM&A動向 有料記事です

  物流業はほとんどすべての産業を支えるインフラとして活躍する縁の下の力持ちだ。しかし、現代の物流業はさまざまな課題に直面している。顧客企業の国際化への対応に加えて、物流コストの削減要請に対応しつつも、物流サービスの高度化を実現していかなくてはならない。こうしたなかで3PL(サードパーティロジスティクス)という新たなサービスが生まれ、サービスを提供できる物流企業が確実に実績を積み上げている。他方、宅配便もネット通販の急拡大により国内で数少ない成長市場となっている。ヤマトの一人勝ちとも言われているが、巨大通販会社である楽天やアマゾンなどが自前配送に取り組む動きもでてきている。今年のM&Aの動きを追った。

  

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
M&Aマーケット動向 , 業界動向 , グローバル化

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop