M&A専門誌マール

2017年10月号 276号 : M&Aの現場から

【あおぞら銀行】「ABNアドバイザーズ」の設立で、地域金融機関と連携したM&A関連サービスのワンストップ提供体制を強化

 伊東 武(あおぞら銀行 執行役員企業情報部長)
 川畠 慎也(ABNアドバイザーズ 代表取締役社長)

右から伊東 武氏、川畠 慎也氏「当行では前身の日本債券信用銀行時代(2001年から現行名)の1980年代後半からM&A業務を行ってきました。現在はM&Aチームと営業部門とが連携して、M&A関連サービスをワンストップで提供する体制を構築しています。M&Aチームは、企業情報部で国内のミドルキャップを中心に幅広いM&A案件を扱っているほか、クロスボーダーM&Aについては、同部と同じく私が所管するアジアソリューション部アドバイザリーグループが担当しています。また、スモールキャップ案件では2017年5月に設立した子会社の『ABNアドバイザーズ』とも連携して体制を強化しています」と語るのは、執行役員企業情報部長の伊東武氏。

  伊東氏は86年に日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行。02年イデアキャピタル代表取締役就任(あおぞら銀行、デロイトトーマツコンサルティング、伊藤忠商事による合弁のバイアウトファンド運営会社)、12年あおぞら銀行企業情報部長、16年5月執行役員企業情報部長に就任した。

  あおぞら銀行でM&A業務に携わっているのは、企業情報部、アジアソリューション部アドバイザリーグループなど合わせて30人。

「このほか、3つの観点からPEファンド関連業務も行っています。

  1つ目は、当行がGPとして参画するPEファンドの運営会社『AZ-STAR』の設立です。『アジアの成長を日本に取り込み、日本経済の持続的な成長に貢献する』を投資テーマとして、当行のほか、東京スター銀行、兼松、エスネットワークスの4社によって15年2月に設立されました。

  2つ目が、当行が大口LP投資家として日本アジア投資(JAIC)と共同で設立したベンチャーファンドで、総額20億円の『JAIC企業育成投資事業有限責任組合』を16年2月に設立して、既に4社がIPO、2社がM&Aでイグジットしています。

  3つ目が

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
事業承継・地方 , M&Aプレイヤー

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop